食事で改善

まつ毛パッチリの外国人

10代から年配の方まで、女性の多くを悩ませているのが目の下のクマです。
クマには三種類のものがあり、それぞれにケア方法が違っています。
一般的に多いのが青クマです。
目の下の血管が透けて見えている状態で、血行不良によって起こります。
血行を良くするようにホットタオルを用いてケアしたり、目元の保湿を徹底するのが効果的です。
茶色のクマはメラニンが色素沈着したものです。
これ以上濃くしないようにするためにも、紫外線対策をしっかりと行なって、美白化粧品でケアするのがおすすめです。
黒っぽいクマは加齢によるもので、目の下のたるみによって引き起こされます。
コラーゲン入りの目元ケア化粧品でお手入れしたり、レチノール入りのもので目元を活性化させるのが効果的です。

三種類の目の下のクマはそれぞれ原因が違っています。
まず、一番多い青クマは、目の疲れなどによって起こります。
寝不足や目の使いすぎや目の疲れ、冷え性やストレスなどによって起こりやすくなります。
色素沈着した茶クマは、肌への刺激によってメラニンが発生することによって起こります。
目を擦ったりアイメイクを落とす時にゴシゴシしすぎ、合わない目元化粧品を使っているなどが原因になります。
加齢による黒クマは、目の下のたるみやくぼみによって起こります。
皮膚や脂肪などの重みで目の下がたるんでしまうと、影のように黒いクマができてしまいます。
また、目の下の皮膚が加齢によって落ちくぼんでしまうと、黒いクマとなってしまいます。